thinkpad x60をWOLにて起動・スリープ解除する方法

thinkpad x60でWOLを設定しました。

WOLは、一度スリープまたは、シャットダウンした後に、

他のパソコンから遠隔で起動ができる機能です。

 

【パソコンA (マジックパケットを送信)】

→【 シャットダウンしているパソコンBが起動】

 

という機能です。

 

 

wol09

はじめに、LENOVOより

スタンバイからのWake On LAN 有効化パッチ

をダウンロードしてWOLで起動されるthinkpadにインストールしました。

http://support.lenovo.com/ja_JP/downloads/detail.page?DocID=DS013949

 

 

 

次に、起動されるほうのthinkpadにてWOLの設定をおこないます。

 

wol01

 

 

システムのプロパティを開きます。

 

 

wol02

 

デバイスマネージャーを開きます。 ネットワークアダプタを選択します。

 

 

プロパテイを開きます。

 

 

wol03

 

Wake On 設定にて Magic Packetを選択します。

あと、同じプロパティの、PME をオンにするの値を

オンにします。

 

OKをクリックします。 パソコンを再起動します。

そして、BIOSを起動します。

To interrupt normal startup, press the blue ThinkVantage”のメッセージが表示されたら青のThinkVantage ボタンを押します。ThinkVantage プロダクティビティーセンター が起動したら Start setup utility を選択するとBIOS Setup Utilityの画面が起動します。

http://support.lenovo.com/ja_JP/diagnose-and-fix/detail.page?DocID=HT036045

 

上は起動方法です。

 

起動したら、config→networkへ移動します。

そこにwake on LAN があるのでEnabledであることを確認します。

わたしの場合は、Networkの設定はすべてEnabledになっている状態でした。

 

上記のようにEnabledにしたら、起動します。

コマンドプロンプトを開いて、ipconfig /allを実行しておきます。

(あとでコピペに使用します。)

 

 

 

次にマジックパケットを送信するほうのパソコンの設定です。

 

wol04

リモート電源操作(WOL)ソフト「WOL Controller」 をダウンロードします。

http://www.friend-computer.biz/business/soft/WOLController/WOLController.html

解凍後起動すると上のような画面が表示されます。

 

wol05

 

グループ名とブロードキャストアドレスを入力します。

私の場合はローカルネットワークで、ルーターのアドレスが192.168.0.1です。

私の場合は、ブロードキャストアドレスは192.168.0.255です。

 

つぎに、先ほどWOLの設定をしたほうのパソコンのコマンドプロンプトを起動します。

そして、ipconfig /allの結果の一部を設定に使用します。

 

 

wol08

WOLで起動されるほうのthinkpadの

ipconfigのHost Name をコピーして、「WOL Controller」のコンピューター名に貼り付けます。

同様に、ipconfigのPhysical Address をコピーして、「WOL Controller」のMACアドレスの欄に貼り付けます。

(コピペできないときは、テキストファイルなどに保存して、コピペしてください。

私はリモートデスクトップ接続してコピペしました。)

 

WOLで起動するほうのパソコンを、シャットダウンまたは、スリープします。

 

 

wol07

 

次に、「WOL Controller」のLの隣の上矢印をクリックして、マジックパケットを送信します。

 

そうすると、シャットダウンしたほうのパソコンは起動しました。

 

 

参考サイト

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0602/25/news014.html

http://kgo.dtiblog.com/blog-entry-165.html