SSL証明書を作成してみようと思いました。

レンタルサーバで楽天のウェブサービスAPIを使おうとしたら

何も表示されなかった。

そういえば、SSL証明書をおいてないなと思いました。

なので、SSL証明書を作成することにしました。

私が使っているパソコンはwindowsなので

windowsで作成する方法をさがしてみました。

XAMPPでSSL + バーチャルホストによる開発環境を構築するために、まずOpenSSLによる自己署名証明書を作成する。

http://lilium.7thheavenblue.com/web_environment/openssl/

 

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

 

 

まずはopensslをwindowsにインストールするようですね。

Win64 OpenSSL v1.0.1eをダウンロードしてインストールしようとしました。

windows7の64ビットでしたが、ファイルをクリックしてもインストールがすすみませんでした。

なので、他のwindows xpのパソコンに32ビットのopensslをインストールしました。

 

インストール後にシステム環境変数を追加します。

openssl_00

インストール先のパスを記載します。binフォルダの中にopenssl.cfgがあるので

そのファイルまでの絶対パスを記載します。以下の例のように正しく入力します。

OPENSSL_CONF
C:\OpenSSL-Win32\bin\openssl.cfg

 

openssl_01

コマンドプロンプトをひらきます。

cd C:\OpenSSL-Win32\bin

C:\OpenSSL-Win32\bin>openssl md5 * > rand.dat
WARNING: can’t open config file: C:\OpenSSL\bin\openssl.cfg
PEM: Permission denied

となりましたが、rand.datファイルは作成されました。

openssl_02

フォルダを確認しました。

openssl_03
秘密鍵ファイルを作成します。
openssl genrsa -rand rand.dat -des3 -out onamae.key 2048

 

 

 

openssl_04

証明書を作成します。

openssl req -new -key onamae.key -out onamae.csr

 

openssl_05

証明書の ファイルが作成されました。