「未分類」カテゴリーアーカイブ

新しいnexusが2016に出たら買おうと思う HTC nexus

新しいnexusが2016に出たら買おうと思う。

HTCのNexusがでるようですね。

メタルボディとのことで

発売されたら買おうかなと思っています。

Nexusのサイズが5インチくらいだと嬉しんだけれど。

今はNexus5を使っている。

指紋認証つきのスマホが欲しいです。

NexsuならOSが最新になるのが早いので

アプリ作成とか最新のAndroidを使いたい人におすすめですね。

Neuxus 5Xが2015年10月20日に発売された。価格は52300円~

Nexus 6Pは2015年11月6日に発売された。価格は74800円~

 

 

「この PC を初期状態に戻す」 を実行すると ブルースクリーン : INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE になった。

2時間くらいかけて

「この PC を初期状態に戻す」

を行った結果、

起動時にブルースクリーンになってwindows 10が起動しなくなった。

 

画面上には

INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE

で検索してしらべろ的なことが書いてあった。

マジか。

ひどいな。

 

で、3時間くらい調べてみたら以下のサイトがあった。

こんなに時間かかるなんて。もういらなねぇなともおもった。

「この PC を初期状態に戻す」 を実行すると ブルースクリーン : INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE になります

 

DVDつくるのに30分くらいかかった。

で、それを使って再インストールをはじめたが

プロダクトキーをいれろとの項目があったので

windows7からアップグレードしたので

windows7のプロダクトキーをいれてみた。

そしたら、プロダクトキーがあっていない

というメッセージがでた。

どういうことだ。

 プロダクト キーの入力を求められてもスキップすることができます。Windows 10 への最初のアップグレード後にライセンス認証してれば、またオンラインでライセンス認証されます。

という説明がさっきのサイトにあったのに気づいた。

スキップ!

というボタンがあったので押したら進んだ。

 

コピーがはじまった。

 

 

Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded in C:\xampp\phpMyAdmin\libraries\DisplayResults.class.php

Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded in C:\xampp\phpMyAdmin\libraries\DisplayResults.class.php

phpmyadminでエラーがでるようになった。

 

config.inc.phpの末尾に以下を追加

$cfg[‘ExecTimeLimit’] = 12000;

 

php.iniの以下のように数字を変えた。

max_execution_time=1000

 

時間はかかるけれど、エラーの表示はなくなった。

max_execution_timeを30から1000に変えたらエラーなくなった。

 

もっと表示を早くしたい。

 

 

fastboot flash boot boot.img をやってから。

1. ロムzipを解凍する

 

2.bootloader開く

adb reboot bootloader

2.boot.imgをflash

fastboot flash boot boot.img

sending ‘boot’ (2574 KB)…
OKAY [ 0.441s]
writing ‘boot’…
OKAY [ 0.572s]
finished. total time: 1.017s

4.fastboot reboot

5.SDカードにromとかのzipをいれる。

6.SDカードからインストール

fastboot

 

 

c:\android-sdk-windows\platform-tools>fastboot
usage: fastboot [ <option> ] <command>

commands:
update <filename> reflash device from update.zip
flashall flash boot, system, vendor and if found,
recovery
flash <partition> [ <filename> ] write a file to a flash partition
erase <partition> erase a flash partition
format[:[<fs type>][:[<size>]] <partition> format a flash partition.
Can override the fs type and/or
size the bootloader reports.
getvar <variable> display a bootloader variable
boot <kernel> [ <ramdisk> [ <second> ] ] download and boot kernel
flash:raw boot <kernel> [ <ramdisk> [ <second> ] ] create bootimage and
flash it
devices list all connected devices
continue continue with autoboot
reboot reboot device normally
reboot-bootloader reboot device into bootloader
help show this help message

options:
-w erase userdata and cache (and format
if supported by partition type)
-u do not first erase partition before
formatting
-s <specific device> specify device serial number
or path to device port
-l with “devices”, lists device paths
-p <product> specify product name
-c <cmdline> override kernel commandline
-i <vendor id> specify a custom USB vendor id
-b <base_addr> specify a custom kernel base address.
default: 0x10000000
-n <page size> specify the nand page size.
default: 2048
-S <size>[K|M|G] automatically sparse files greater
than size. 0 to disable